内視鏡検査

  • HOME
  • 内視鏡検査
2万件以上の検査実績
2万件以上の検査実績

当院では、経鼻と経口両方の検査に対応しております。双方のメリット・デメリットを説明いたしたのち、希望に応じた検査を実施しております。安定剤を使用した内視鏡検査は、大学病院と同レベルの高画質な経鼻内視鏡で苦痛のない内視鏡検査が可能です。
経鼻内視鏡では、吐き気が起こりにくく、楽に検査を受けられ、鼻からなので麻酔の必要がありません。また検査中の会話が可能で、検査後にはすぐに食事ができます。経鼻内視鏡に関しては、鼻から.jpをご覧ください。

上部内視鏡検査方法の比較

当院での頻度メリットデメリット
通常内視鏡
(直径9.5mm)
40% ※準備中 ※準備中
安定剤を用いた内視鏡 30%
  • 苦痛がない
  • 検査施工後安静を要する。約1時間
  • 検査負担費増
    (1割負担の方が450円、3割負担で1,350円)
経鼻内視鏡
(直径5.9mm)
30%
  • 咽頭反射がない2回
  • 検査中に会話が可能
  • 検査施行後すぐに食事可能
  • 鼻痛、鼻出血
  • 挿入困難例がある
  • 観察視野が狭いため、検査に時間が少々かかる(約5分、通常内視鏡では約3分)
  • 病理検査、内視鏡的治療の困難例がある

料金について

内容料金(1割負担)料金(3割負担)
上部内視鏡(胃カメラ) 1,600円~ 4,800円~
生検 3,000円~ 9,000円~
下部内視鏡(大腸鏡) 1,600円~ 4,800円~
生検 3,000円~ 9,000円~
ポリープ切除 8,000円~ 24,000円~
腹部エコー 600円~ 1,650円~

※表示金額は、すべて税込価格となります。